ニューCD収録曲

ジャケ画像に続き、ニューCDの収録曲もアップいたします! おそらく、この曲順で行くと思いますが、レコーディング終了後に、ひょっとすると、少しの変更があるかもしれません・・・

ニューCDのジャケ

ニューCDのジャケです! 今回は、4コマ漫画風にしてもらいました。3月1日発売です。全オリジナル14曲収録。詳細など追って・・・ちなみに、レコーディングは17日から始まります。

2/3からスタート!

皆さま、僕の2019は、一ヶ月後の2月3日のライヴからスタートします。ぜひ、63歳の門出を祝いに来てくださいね。お待ちしております!

***

2019年2月3日(日):MUSIC SQUARE 1624 TENJIN(大阪・高槻)
バースデーライヴ!
~一音一音、一歩一歩~
ゲストサポート:堺敦生(ピアノ)
前売り:3、500円(予約) 当日:4、000円(要1ドリンク)
開場:16:00 開演:17:00
ご予約・お問い合わせ先:072-691-1624(10:00~17:00)
ネット予約ページ:http://www.mam-1624.com/live/201902/20190203n.html
会場サイト:http://www.mam-1624.com/
※整理番号順入場・自由席

***

※その次は、以下の2本です。京都、高松へ伺います。

2019年2月23日(土):Soup Dining PanBoo(京都・嵯峨嵐山)
住出勝則+豊田渉平
~歌とギターで花を咲かせまSHOW~京都編
開場:17:00 開演:18:00
前売り(予約):3,000円(飲食代別途)
ご予約先:075-366-3880(11:00~21:00)
会場住所:京都市右京区嵯峨釈迦堂門前南中院町29-4
会場サイト:http://pan-boo.com/
※「20名様限定」ですので、お早目のご予約をお勧めいたします。
嵐山界隈の観光も入れつつ、夜は美味しい食事とライヴでお楽しみください。

***

2019年2月24日(日):RUFFHOUSE(香川・高松)
住出勝則+豊田渉平
~歌とギターで花を咲かせまSHOW~高松編
開場:17:30 開演:18:00
前売り(予約):3,000円 当日:3,500円(1オーダー別途)
予約ページ:https://tiget.net/events/41128
会場サイト:http://www.barruffhouse.com

謹賀新年2019


皆さま、明けましておめでとうございます! 本年も、どうぞ、よろしくお願いいたします。元日は、一年で最も「希望と期待に満ちた日」かと思いますが、いかがお過ごしですか? 僕の場合、年末から咳に悩まされておりますが、少しづつ回復に向かっております。

来月早々、63歳を迎えますが、今年も更に健康に留意しながら、できるだけ多くの「楽しみ」を作っていきたい、と、この真新しい日に誓っております。まずは、17日からのニューCDのレコーディング、そして、2月3日のバースデーライヴ(at 1624 TENJIN〔大阪・高槻〕)を目標に動いていきます。

皆さま、今年も「住出勝則(Masa Sumide)」にご期待下さい。ド派手なことはできませんが、僕らしくマイペースに活動していきます。そして、引き続き、温かく見守っていただければ幸いです。

2019年元旦、
住出勝則(Masa Sumide)

新しい「おもちゃ」

今日届いた新しい”オモチャ”・・・現在使用中のSpecular Tempusの音に近いですねぇ。ひょっとすると参考にしたのかも、なんて音をチェックしながら思いました。この「揺れる感じのリバーブ」は最近の傾向なのかなぁ。で、このサイズなので、広がり感、奥行き感ともSTに比べると少し劣りますが、Plate Reverbは秀逸です! これはアップ、バラードともに確実に使えます! 機種変更の目的は、軽くするのと、できるだけシンプルにツマミなどが使えるもの、ということでしたので、合格点に届いています。あと、そんなに期待していなかったリバーブ+ディレイのコンビも使えます。コーラス(ディチューン)も使えますが、それにかかるリバーヴ(選べない)が少し残念かな、という印象でした。これも「好み」ですので何とも言えませんが。あとは、ライヴ会場で音圧をかけてみないと分からないことがありますが、ひとまず安心しております。

で、なんと、そのプレート・リバーブの音色に触発されて、ただ今、バラードを作曲中・・・く・く・くらい曲です(笑)。

嵯峨嵐山・初体験!

昨日、初めて嵯峨嵐山近辺を散策することができました。目的は、2・23にライヴをやることが決まっている「Pan Boo」という美味しい野菜が食べれるレストランの視察&ランチ。そこへ、台湾から来日中のフアン・チアウエイご夫婦と一緒に行ってきました。チアウエイさんとの付き合いは、かれこれ15年・・・思えば、アジアツアーの切っ掛けを作ってくれたのも彼でした。もともとはギタリストの彼ですが、近年はプロモーターとしての仕事で忙しく、僕の他に、岸部眞明くん、押尾コータローくん、トミー・エマニュエルさんなどのギタリストのアジアでの招聘元となっております。「アジアでソロギターを盛り上げたい」という一念のみで、ここまで頑張ってきた、いわば“戦友”、そして心強い“味方”です。

で、「Pan Boo」ですが、女将さんのメグちゃんは、2・23にそこで一緒にライヴをやる豊田渉平くんの奥さまです。このお店、有機野菜を使ったメニューの数々、そして、メインのスープなどなど、身体に優しい食べもので充実しています。僕等はランチセットを注文したのですが、味付けは濃くなく、全体的にあっさりとした印象でした。この「あっさり」だけでも、健康的な感じがしますよね。最近の外食系と言えば、味付けが濃いものが多く(即、うまいと感じるから?)、僕等にはキツイのですが、このお店のメニューは何でも安心して注文できますし、特に、女子には喜ばれると思います。もちろん、アルコール類もありますよ。

そして、ランチの後、すぐ近くにある有名な「竹林」へ行ってきました! 嵯峨嵐山が人気があるのは昔から知ってましたが、予想通り、観光客で賑わっていました。皆さん写真撮りまくりでしたが、聞くところによると「人が画面に入るのを避けたい」ということで、朝の5時くらいに写真を撮りに来る人も多いそうです。次は、もっとゆっくりと近辺を散策してみたいと思います。改めて、やっぱ京都は「いいね!」。

***

↓来年2月のライヴです。各地のお近くの皆さま、よろしくお願いいたします!

2019年2月3日(日):MUSIC SQUARE 1624 TENJIN(大阪・高槻)
バースデーライヴ!
~一音一音、一歩一歩~
ゲストサポート:堺敦生(ピアノ)
前売り:3、500円(予約) 当日:4、000円(要1ドリンク)
開場:16:00 開演:17:00
ご予約・お問い合わせ先:072-691-1624(10:00~17:00)
ネット予約ページ:http://www.mam-1624.com/live/201902/20190203n.html
会場サイト:http://www.mam-1624.com/
※整理番号順入場・自由席

***

2019年2月23日(土):Soup Dining PanBoo(京都・嵯峨嵐山)
住出勝則+豊田渉平
~歌とギターで花を咲かせまSHOW~京都編
開場:17:00 開演:18:00
前売り(予約):3,000円(飲食代別途)
ご予約先:075-366-3880(11:00~21:00)
会場住所:京都市右京区嵯峨釈迦堂門前南中院町29-4
会場サイト:http://pan-boo.com/
※「20名様限定」ですので、お早目のご予約をお勧めいたします。
嵐山界隈の観光も入れつつ、夜は美味しい食事とライヴでお楽しみください。

***

2019年2月24日(日):RUFFHOUSE(香川・高松)
住出勝則+豊田渉平
~歌とギターで花を咲かせまSHOW~高松編
開場:17:30 開演:18:00
前売り(予約):3,000円 当日:3,500円(1オーダー別途)
予約ページ:https://tiget.net/events/41128
会場サイト:http://www.barruffhouse.com

来年の予定

現時点で決まっているライヴをいち早くお知らせしておきますね。各詳細のほうは、決まり次第アップいたします。1月は、17日からニューCD(ソロギター)のレコーディングに入ります。今のところ、全オリジナル・13曲収録予定で、発売は2月末。ので、3月からのライヴは、予定通り進行すれば「レコ発」になります! お楽しみに! また追加があった時点でお知らせしますね。

***

2019年2月3日(日):MUSIC SQUARE 1624 TENJIN(大阪・高槻)
バースデーライヴ!
~一音一音、一歩一歩~
ゲストサポート:堺敦生(ピアノ)
前売り:3、500円(予約) 当日:4、000円(要1ドリンク)
開場:16:00 開演:17:00
ご予約・お問い合わせ先:072-691-1624(10:00~17:00)
ネット予約ページ:http://www.mam-1624.com/live/201902/20190203n.html
会場サイト:http://www.mam-1624.com/
※整理番号順入場・自由席

***

2019年2月23日(土):Soup Dining PanBoo(京都・嵯峨嵐山)
住出勝則+豊田渉平
~歌とギターで花を咲かせまSHOW~京都編
開場:17:00 開演:18:00
前売り(予約):3,000円(飲食代別途)
ご予約先:075-366-3880(11:00~21:00)
会場住所:京都市右京区嵯峨釈迦堂門前南中院町29-4
会場サイト:http://pan-boo.com/
※「20名様限定」ですので、お早目のご予約をお勧めいたします。
嵐山界隈の観光も入れつつ、夜は美味しい食事とライヴでお楽しみください。

***

2019年2月24日(日):RUFFHOUSE(香川・高松)
住出勝則+豊田渉平
~歌とギターで花を咲かせまSHOW~高松編
開場:17:30 開演:18:00
前売り(予約):3,000円 当日:3,500円(1オーダー別途)
予約ページ:https://tiget.net/events/41128
会場サイト:http://www.barruffhouse.com

***

★2019年3月2日(土):Pon Polo Pooh(石川県白山市)

★2019年3月22日(金):MODERN TIMES(京都木屋町三条)

★2019年3月30日(土):源(名古屋)

★2019年3月31日(日):宮内家(みなみ浦和)

★2019年4月14日(日):RUFFHOUSE(高松)

★2019年4月21日(日):5TH STREET(大阪南堀江)

★2019年9月21日(土):MUSIC SQUARE 1624 TENJIN(大阪高槻)

最新動画:What Cha’ Gonna Do For Me

皆さま、たった今、最新動画をアップしましたので、ぜひ、ご覧ください! 曲は、以前からアレンジしてみたかったAverage White BandのWhat Cha’ Gonna Do For Meです。ただ、やっちゃいました・・・リバーヴのプリセットの番号間違いで、アップテンポにしてはちょっと量が多いです。ご容赦を(笑)。録画後に気付きました、あちゃ~。最近、この手のミス多しです。スイッチを踏んだつもりが踏んでなかったり、踏んだと思ったら、違う番号だったり・・・もう、いや~ん(笑)。でも、この曲、好き!

https://www.youtube.com/watch?v=mk8OMeXoIIc

2/3:バースデーライヴ!

来年のスタートとなる下のライヴですが、ゲストサポートとして、ピアノの「堺敦生」さんの参加が決まりました(拍手)! これで、音に厚みが出るだけでなく、構成上も色々とできそうです。いや~、ますます楽しみになってきました。ただ、2月まで待てないなぁ(笑)。関西圏の皆さま(もちろん遠方の方々も)、どうぞ、よろしくお願いいたします!

***

2019年2月3日(日):MUSIC SQUARE 1624 TENJIN(大阪・高槻)
バースデーライヴ!
~一音一音、一歩一歩~
ゲストサポート:堺敦生(ピアノ)
前売り:3、500円(予約) 当日:4、000円(要1ドリンク)
開場:16:00 開演:17:00
ご予約・お問い合わせ先:072-691-1624(10:00~17:00)
ネット予約ページ:http://www.mam-1624.com/live/201902/20190203n.html
会場サイト:http://www.mam-1624.com/
※整理番号順入場・自由席

ご来場ありがとうございました!

僕にとって、今年の「締め」となるUNCLE JAMでの二夜ライヴにご来場くださった皆さま、ありがとうございました!どちらか一夜のみの方も当然おられましたが、二夜連続のお客様率は90%を超えていたかと思われます。重ね重ね、ありがとうございました。小さいお店とは言え、早々の「ソールドアウト」で、2回とも盛り上がりました!

初日は「歌編」で、HUKUROHの歌、シグナルの歌、カバー曲、“企画もの”(ナ・イ・ショ!)、そして、43年のキャリアで初の歌の新譜(一声十色)からの選曲もろもろ、盛りだくさんで楽しんでいただけました。そして、二日目は「ソロギター」。前夜とは違い、ほどよい緊張感の中スタートし、こちらも旧曲~カバー~新曲などなどバラエティーに富んだ内容でお届けしました。思えば、二日間で49曲(!)もやりました! 打ち上げも楽しかった~。お店の浅野ご夫婦にも感謝!

そして、最後に思わぬことが・・・なんと、アメリカの若~い新婚カップルが、関空から直接会場に来てくれたこと。アメリカからのフライト時間の関係で、残念ながらライヴには間に合わなかったのですが、「どうしても僕に会いたい」という熱い想いで、重い荷物と共に、夜の9時前に会場到着。聞くところによると、10年前から僕のギター音楽に興味を持っていたそうです。つかの間、残ってくださったファンの方々を交え、ワイワイガヤガヤと盛り上がりました。で、ライヴに間に合わなかったということで、何曲か彼らのために弾くことに・・・凄く喜んでくれたことに、僕も幸せな気分になれました。改めて、音楽の力、そして縁に感心。