ご来場、ありがとうございました!

9日のライヴ、大盛況のうちに終了いたしました! あらためまして、ご来場くださった皆さまに感謝いたします! スペシャル・ゲストの「ばんばひろふみ」さんとのコラボもすごく楽しく進行しましたし、あっと言う間に時間が過ぎていきました。なんか、終わるのがすごく寂しい感じもしましたねぇ・・・

少し早いですが、このライヴで今年の僕の演奏は終わりとなります。また明日から、来年に向けて歩み始めます。しばらく「弾きこもり」&「弾込め」の時間となりますが、さらにパワーアップして皆さまと再会したいと思います。まずは、ソロギター20周年記念のアルバム制作にとりかかって、それにまつわるライヴを企画していきたいと思います。

で、その前に、オーストラリアから「ジェフ・アチソン」が初来日してのライヴがあります。2月3日は大阪・高槻の1624TENJIN、4日は横浜・関内のパラダイス・カフェでやります。「最強!アコギブルースの世界」、お見逃しくなく! 詳細は、concertsページでご確認ください。

新エフェクター

9月末にリバーブを新調したばかりですが、また“病気”が発症して(笑)、新たに同じメーカーの上位機種「Specular Tempus」( GFI System)というリバーブ+ディレイを購入しました。で、今日も「あれやこれや」と各種モードの音チェックもろもろで楽しい時間を過ごしました。すでに12・9のライヴ用に8つのプリセットも完了しています。

「リバーブ」はソロギター音楽にとって重要ですし(表現の一部として)、僕の場合、自宅で生音で練習している時でさえ、頭の中でリバーブが聞えてきたりします。なんとも気持ちよく間をつないでくれる、いや、人と人の心の距離でさえ埋めてくれそうな感じがするエフェクター・・・それがリバーブだと思います。まさに「心のエコー(鏡)」かな?(笑)。

これからも「より良い音」を目指して、僕とギターの二人旅は続きます・・・