レコ発最終公演(大阪)、いよいよ21日です!

泣いても笑っても、最後のレコ発となります。大阪でビシッと決めます! 
お近くの皆さま、ぜひ!

***

4月21日(日):5th Street ライカホール(大阪・南堀江)
レコ発ライヴ! 最終公演
~雨の日も晴れの日も風の日も~
開場:17:00 開演:17:30
ご予約・お問い合わせ先:06-6538-1533
会場サイト:http://www.5th-street.com
※↑メール予約有。「スケジュール・ページ」から、どうぞ。
※16:00より、2Fの5th Street Cofee Houseでお待ちいただけます。

ご来場ありがとうございました!

高松でのレコ発ライヴに参加してくださった皆さま、ありがとうございました! RUFFHOUSEは、いつも楽しいですねぇ。で、いつものように「ライブならでは」の出来事が諸々ありましたが(笑)、笑顔にあふれた一夜となり、ホッとしております。そして、早速、次のライヴも決まっております。真夏の、8/25(日)に戻ってきます。100%歌ライブの予定。またお会いできればと思います。楽しみ~。

レコ発ライヴは、次の大阪で最終公演となります。万感の想いを込めて、ビシッと決めます・・・の予定(笑)。つい最近アレンジしたカバー曲を始め、盛りだくさんでお届けいたします。もちろん、ニューCDから全曲やりますよ! お待ちしております!

***

4月21日(日):5th Street ライカホール(大阪・南堀江)
レコ発ライヴ!
~雨の日も晴れの日も風の日も~
開場:17:00 開演:17:30
ご予約・お問い合わせ先:06-6538-1533
会場サイト:http://www.5th-street.com (メール予約有)
※16:00より、2Fの5th Street Cofee Houseでお待ちいただけます。

***

そして、次のライヴシリーズは、関東3ヶ所です。関内(横浜)、荻窪(東京)、大岡山(東京)に行きます。3日間とも内容は異なります。どうぞ、よろしくお願いいたします!

5月31日(金):PARADISE CAFE(横浜・関内)
住出勝則+滝ともはる
スペシャル・ゲスト:矢沢 透(アリス)
ピアノ:堺 敦生

開場:18:30 開演:19:30
MC:4,000円(税込・飲食別)
オンライン予約:https://tiget.net/events/51471
会場サイト:http://www.paradisecafe2001.com

***

6月1日(土):荻窪ルースター(東京・荻窪)
ソロギター ライヴ
~The Best Of MASA SUMIDE~
ベストな選曲で弾きまくります&しゃべりまくります&時々すべります!?
Charge:2,500円 開場:17:30 開演:18:30
ご予約・お問い合わせ先:03-5347-7369(16:00~24:00)
※↑可能な限り、ライヴ中(20:00~22:30の間)はお避けください。
メール予約:honten@ogikubo-rooster.com
会場サイト:http://www.ogikubo-rooster.com/main/

***

6月2日(日):Goodstock Tokyo(東京・大岡山)
坂元昭二 + 住出勝則 初共演!
~歌とソロギターでフォークな時間~
開場:17:30 開演:18:30
前売り(予約):4,000円 当日:4,500円(税込・ドリンク別途)
ご予約・お問い合わせ先:03-6451-7396
メール予約:live@goodstock-tokyo.com
会場サイト:http://goodstock-tokyo.com (オンライン予約有)
会場住所:東京都大田区北千束3-20-8 スターバレー2 B1

ある思い・・・

還暦を過ぎてから、いつも心の奥底に、ある思いがあります。それは、「いつまで現役でいられるのだろうか」、「あと、何回、ステージに立てるのだろうか」というもの。

人生には限りがあります。だからこそ、これからは1本、1本のライヴがより大切になってきますし、更なる質を追求していかねば、と切に感じております。とは言え、「その日のベスト」を目指してライヴに臨んでも、思うように行かない時の方が多いですし、悔いが残ります・・・だから、前向きに頑張れるのかもしれませんね(笑)。

毎日が勉強・・・ただただ、進化、向上あるのみ!

***

レコ発ライヴ、↓次の二ヶ所で終了となります。ぜひ、お出かけください。お見逃しなく!

4月14日(日)RUFFHOUSE(高松)
レコ発ライヴ!
~雨の日も晴れの日も風の日も~
前売(予約):3,000円 当日:3,500円(1オーダー別途)
開場:17:30 開演:18:00
予約ページ:https://tiget.net/events/48164
会場サイト:http://www.barruffhouse.com
※前売受付期間:4月13日 (土)の23:59分まで。

***

4月21日(日):5th Street ライカホール(大阪・南堀江)
レコ発ライヴ!
~雨の日も晴れの日も風の日も~
開場:17:00 開演:17:30
ご予約・お問い合わせ先:06-6538-1533
会場サイト:http://www.5th-street.com (メール予約有)
※16:00より、2Fの5th Street Cofee Houseでお待ちいただけます。

ご来場ありがとうございました!

30、31日の名古屋、南浦和でのライヴにご来場くださった皆さま、ありがとうございました! 

30日は、長~い間お世話になっている「源」さん。あいにく、小雨模様で肌寒かったですが、地元はもとより、遠方からも来ていただいて盛り上がりました。そして、ライブ後の恒例の四川料理を食べつつの打ち上げも楽しかったです。画像は、「源」さんの玄関先に色づく花たち。じつは、僕に隠れて見えませんが、後ろにも木があったりして、ミニ植物園のようなんですよ。心が安らぎます。

翌日は、こちらも長くお世話になっている「宮内家」さん。少し時間があったので、店主の宮内さんに花見に連れていってもらいました。それはそれは、素晴らしかったです! 会場があるのは南浦和ですが、行った先は東浦和。閑静な住宅街です。そこに「通のみ知る」的な桜が美しいところがあって、とにかく歩き回りました! ただただ、こんな美しい桜がある近所に住んでいる人たちが羨ましい(!)と思った次第。

さて、レコ発ライヴですが、残すところ2本となりました。高松大阪。お近くの皆さま、ぜひ、お越しください。また楽しんでいただけるよう、しっかりと準備して臨みます。お待ちしております!

***

4月14日(日)RUFFHOUSE(高松)
レコ発ライヴ!
~雨の日も晴れの日も風の日も~
前売(予約):3,000円 当日:3,500円(1オーダー別途)
開場:17:30 開演:18:00
予約ページ:https://tiget.net/events/48164
会場サイト:http://www.barruffhouse.com
※前売受付期間:4月13日 (土)の23:59分まで。

***

4月21日(日):5th Street ライカホール(大阪・南堀江)
レコ発ライヴ!
~雨の日も晴れの日も風の日も~
開場:17:00 開演:17:30
ご予約・お問い合わせ先:06-6538-1533
会場サイト:http://www.5th-street.com (メール予約有)
※16:00より、2Fの5th Street Cofee Houseでお待ちいただけます。

***

↓こんなライヴも決まりました!

6月2日(日):Goodstock Tokyo(東京・大岡山)
坂元昭二 + 住出勝則  初共演!
~歌とソロギターでフォークな時間~
開場:17:30 開演:18:30
前売り(予約):4、000円 当日:4、500円(税込・ドリンク別途)
ご予約・お問い合わせ先:03-6451-7396
メール予約:live@goodstock-tokyo.com
会場サイト:http://goodstock-tokyo.com/index.html
(オンライン予約有)
会場住所:東京都大田区北千束3-20-8 スターバレー2 B1

坂元昭二:「さだまさし」のバックバンド「亀山社中」で17年間アコースティックギターを担当。長年に渡り放送されたテレビドラマ「北の国から」のテーマ曲、挿入曲のギター奏者としても知られ、“ギターの風景画家”と称される。

週末は、名古屋~南浦和

各地で、準備万端、お待ちしております。ぜひ、お越しください!

***

★3月30日(土):源(名古屋)
レコ発ライヴ!
~雨の日も晴れの日も風の日も~
※ご来場ありがとうございました!

***

★3月31日(日):宮内家(さいたま南浦和)
レコ発ライヴ!
~雨の日も晴れの日も風の日も~
※ご来場ありがとうございました!

***

そして、この次は、高松大阪へ伺います。こちらも、よろしくお願いいたします!

4月14日(日)RUFFHOUSE(高松)
レコ発ライヴ!
~雨の日も晴れの日も風の日も~
前売(予約):3,000円 当日:3,500円(1オーダー別途)
開場:17:30 開演:18:00
予約ページ:https://tiget.net/events/48164
会場サイト:http://www.barruffhouse.com
※前売受付期間:4月13日 (土)の23:59分まで。

***

4月21日(日):5th Street ライカホール(大阪・南堀江)
レコ発ライヴ!
~雨の日も晴れの日も風の日も~
開場:17:00 開演:17:30
ご予約・お問い合わせ先:06-6538-1533
会場サイト:http://www.5th-street.com (メール予約有)
※16:00より、2Fの5th Street Cofee Houseでお待ちいただけます。

最新動画:♪Sherry

3日前にアレンジして、昨夜の京都でのレコ発でお披露目した「Sherry」(The Four Seasons)です。なんと僕が6歳の時(1962年)の歌! でも、いま聴いても凄く新鮮です。↓ ぜひ、ご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=34CUZLW3tZ8

ご来場ありがとうございました!

昨夜の京都でのレコ発ライヴにご来場くださった皆さま、ありがとうございました! 僕的には色々と反省点がありますが(笑)、楽しんでいただけたようでホッとしております。毎回、勉強です! 

で、次は、名古屋南浦和です。お近くの皆さま、ぜひ、お越しください。各会場でお待ちしております。楽しみ!

***

★3月30日(土):源(名古屋)
レコ発ライヴ!
~雨の日も晴れの日も風の日も~
※ご来場ありがとうございました!

***

★3月31日(日):宮内家(さいたま南浦和)
レコ発ライヴ!
~雨の日も晴れの日も風の日も~
※ご来場ありがとうございました!

京都レコ発、いよいよ金曜日!

22日(金)は、京都のMODERN TIMESでレコ発ライヴです! ぜひ、お越しやすぅ。ええ感じの演奏メニューが組めてます。あ~楽しみ!

***

★3月22日(金):MODERN TIMES(京都・木屋町三条)
レコ発ライヴ!
~雨の日も晴れの日も風の日も~
※ご来場ありがとうございました!

ひらめいた~!

ボサノバの定番曲「♪The Girl From Ipanema」(イパネマの娘)ですが、急に閃いて、本来のボサノバではなく、バラード風に再アレンジしてみました! で、22日の京都のライヴでやりますね。下に、今一度、そのライヴの詳細を上げておきます。ぜひ、ご参加ください!

***

3月22日(金):MODERN TIMES(京都木屋町三条)
レコ発ライヴ!
~雨の日も晴れの日も風の日も~
前売り(予約):3,500円 当日:4,000円(要1ドリンク)
開場:18:00 開演:19:00
ご予約・お問い合わせ先:075-212-8385
会場サイト:http://mtimes.jp/
メール予約:info@mtimes.jp

***

そして、その次は、名古屋~南浦和へ伺います!

3月30日(土):源(名古屋)
レコ発ライヴ!
~雨の日も晴れの日も風の日も~
前売り(予約):3,500円 当日:4,000円(要1ドリンク)
開場:17:20 開演:18:00
ご予約・お問い合わせ先:052-751-2550
会場サイト:http://live-gen.musical.to/ (メール予約可)
会場住所:名古屋市千種区春岡 1-11-8
※家庭的な会場ゆえ、入口でスリッパに履き替えていただきますこと、予めご了承ください。

***

3月31日(日):宮内家(さいたま南浦和)
レコ発ライヴ!
~雨の日も晴れの日も風の日も~
前売り(予約):3,780円 当日:4,200円(税込・要1ドリンク)
開場:17:00 開演:18:00
打ち上げパック:2,500円(別途・希望者のみ)
ご予約・お問い合わせ先:090-5443-7970
会場サイト:https://miyauchike.com/

ソロギター:無言の会話

年齢と経験を経るごとにギター音楽に対する感覚、好みも変化していきます。近年、自分が感じる大きな違いと言えば、派手なテクニックなどに全く興味を引かれなくなった、ということです。昔であれば「負けてられない!」と刺激されたり「俺もやってやる!」と更に練習に気合が入ったりしていましたが、63歳の今は「メロディー」と「ギターの音色」、「音の表情」、「間」、それを支えるアレンジなどに重きを置くようになってきています。端的に言うと、必要な個所に必要なことをやる、という無駄を省いた感じでしょうか。

もちろん、テクニックは重要ではないというのではなく、あくまでも、表現を「支える」ものでないといけない、と思うのです。よって、表の存在ではなく、裏の存在。だから格好いい、と。昔の人は、スーツの上着の裏地に凝ったようです。見えない部分なのですが、これは隠れた格好良さを追求する一例かもしれませんね。

ただ、一方で、ことギター音楽に関しては、派手なテクニックがウケるのも事実です。ビジュアル的にもアピールしますし。この点は、ギタリストの葛藤の要因ではないでしょうか。「表現とか言っても、やっぱり派手さには勝てない」と(笑)。ギタリストも十人十色ですから、様々な考え、アプローチがあるのは当然ですが、僕の場合、どれだけ自分の音が聴き手の心に届くのか、心を動かすのか、が大きなテーマとなっています。が、これは「頭」ではなく「心」に関することですから計りようがありませんよね。加えて、演者が「今から心を込めて演奏します」と言っても意味がない!? あくまでも「言葉」ではなく「音」が主役ですし、ライヴ空間に音が流れていても「無言の会話」な訳ですから、インストの場合。

僕のオリジナル曲に「♪心の声を聞かせておくれ」というのがありますが、これは、リスナーの皆さまの心模様を覗いてみたい、という意味合いもあるんです・・・ということで、これからも「無言の会話」を楽しみたいと思います!